「ほっ」たいむ〜ほっこりゆったりのんびりと〜(今日;昨日;)

<< オリジナルパステルアートいろいろ24点 2011-2013 | main | パステル曼荼羅アートいろいろ48点 2011-2014 >>

あれから、8年が経ちました。その3[2014.09.23 Tuesday]





早いですねぇ〜もうお彼岸ですね。



上の画像は、一ヶ月前のお地蔵さん(地蔵盆)の時のものです。

今年は町内の役員がまわってきてるので、この地蔵盆が一番の

メインイベント?で無事に終わってホッとしています。


いろいろと事前準備がたいへんだったので・・・あ



四葉のクローバー



さてさて、つづきがずっと放置プレイになっていたのですが・・・

お気づきでしょうか?あっかんべー



きのこオレンジ『あれから、8年が経ちました。その1』(7/16)は、こちら

きのこグリーン『あれから、8年が経ちました。その2』(7/25)は、こちら



その1とその2は、7月の父の命日あたりにブログアップしてたのに・・・

その3は2ヶ月後で、すっかり季節が変わろうとしていますねぇ〜たらーっ



 





その1 その2 は自分の覚書としてブログアップしたのですが

その3 も同様です。てるてるぼうず






その1 を書いてるとき、父のことを思い返しながら・・・

あのとき自分が感じたことを整理していたんだと想います。

実は、この作業は定期的に何度もやってるので その1 を

書いた時点でひとつ昇華できたような気がします。


手


だから、もうその角度からの覚書はいいかなぁ〜となり・・・

その2 は、もう少し角度を変えて自分と向き合ってみよう!



次のステップへ



その1 は、父の末期癌を通してそれまで当たり前だと思って

きたいろいろなことが実はそうではなくて、自分は守られて

いて・・・ということに気づかされたこと等を書いていました。








その2 は、自分自身をもう少し別の角度でというか・・・

もう一人の自分がみてるような感じで・・・




できるだけ客観的にとらえながら
これまでの自分のことを書いていました。





”リアルに自分自身と向き合う”




客観的にあの頃の自分を(過去の自分を)みてみると

・・・いろいろなことに気づいてきます電球





ここまで書いた時点(その2)で、私は少し整理する時間が必要に

なったんだと想います。私の中で少し何かが変化してきたのでしょう



あ あ あ



 




見えてなかったものがみえてきます



少しぼやけていた視界が徐々に

クリアになってくる感じでしょうか?





”気づきを得る”ということは、こういうことなんですよね!kamule





その2 でも書いていましたが・・・



すべては意識なんですよね





 ただ・・・

この意識がやっかいなんですよねぇ〜




育ってきた環境、社会、人間関係、などなどによって

大きく影響を受けるから



それに、自分の魂が宿題としてもってきた?カルマや

それまで生きてきたクセ=思考クセも大きく作用する





まっ、簡単にいうなれば・・・

普通に走るだけなら意識は単純にゴールに向ければいいけれど

障害物競争になると、まずゴールの前に待ち受けている障害物

に意識を向けますよね。それらをいくつかクリアしていかないと

ゴールまでいけない。









なるほどなぁ〜


人生とはそういうしくみになっていたのかぁ〜



別に今までもなんとなくはわかっていたことですが・・・

でも案外頭の中は整理できていなかった気がします。



こんな本もいっぱい読んだし、人にも聞いたし、ネット等

でも見聞きしてきて一通りのことはわかったつもりになって

いても、それらは他人のことならとてもよく解る!




なのに、それらが自分のこととなると・・・

途端にみえなくなる。




感情が働き、冷静さを欠き、思考が偏る



そう、ハプニングや障害が起こると分かっていたはずのこと

でもわからなくなったりしますよね。いや、または少しずつ

少しずつ、変化していくこともありますよね。





気が付けば


見えなくなってる











いや、だからこそ それが人間であり


わたしたちは生かされているのだろう





あぁ〜〜・・・


だからこそ、淡々と なんですよね!





レイキの学びで、この『淡々と』が私にとっては一番

難しいことなのかもしれません困る





淡々とすべてを受け入れて生きる

囚われずに手放してすべてを受け入れる

自分に起こるすべてのこと

すべてに感謝
キラほし






こういうことなんですよね。


ええ、別にレイキを学ばなくてもごく普通の当たり前の

ことだと思いますが、この当たり前のことが案外みんな

忘れてしまってると思います。





私はそうでしたゆう★





だから、父に導かれるようにして


レイキ=人生哲学 


を学んだんだと思います。





ちなみに、妹は父に導かれて


実家に帰るようになりました


彼女の学びは”実家”なんです。





姉は”レイキ”で、妹は”実家”です!


カタチは違えども、同じ学びをしてきた8年間でした。


共にに魂の学びをしてきました。



ゆう★くまくまゆう★














実は、妹を通してでもいろいろと気づきがありました。


自分を客観視するのに、妹の存在はとても大きかったです。




一見、妹と私とは違うのですが

魂の求めるものは私と同じだからです。




私がレイキを通して”人生のしくみを学んできた”ように、

妹は毎週実家へ帰り母たちを助けることで学んでたのです。





父が永眠して8年が経ちました。





お彼岸だからって

父が生存中、妹は実家に帰ったり、お墓参りに行ったり、ましては

それらの準備をしたりなんて全然してませんでした。




彼女は今では母を手伝い、または母の代わりにそれらをしています。




今日は、実家の地域の体育カーニバル(町内対抗の運動会)です!

妹は母や弟の代わりに体振の役を引き受け、役員として行ってます。



この日までに何度も役員の集まりがあり、仕事の前に出席して・・・

その間にも実家の町内の役を母に代わり出席して・・・



そばで見てても妹がいつ倒れるんじゃないか!?

と、ひやひやしていました汗




妹はかなりのハードスケジュールです!!!




それまで父がやってきたこと


母が出来ていたこと



それらを妹が手伝ったり、全部を引き受けたりしています。




ハート我が妹ながらすごいと想いますハート





妹はこの8年間、仕事の日以外は実家に帰って手伝ってる

ので実質お休みがほどない状態です困る



「お姉ちゃん、私が実家に帰るわ!」


父の四十九日が済んだ頃、妹が言いました。


8年間、有言実行しています!手




「ちーちゃん、あんただけに押しつけへん!

お姉ちゃんも頑張るわ!」




多分この頃から私と妹は、お互いの魂が響きあって

向かう方向が同じなのを確かめ合った気がします。



キラほし










先日、妹と話してました。


「結局は、本質をみないとアカンなぁ〜」



お互いにいろいろとあって・・・





何が大切か



これさえ見失わなければ大丈夫やな!







それが私たちは家族なんやなぁ〜





ゆう★くまくまゆう★







天国のお父さん、

今、私たちは自分たちの魂に正直に生きています。

これも全部お父さんが導いてくれたおかげです。

ありがとうハート











今、自分の覚書として記しておくのは・・・

こんな感じです!kamule







支離滅裂な長文に・・・最後までお付き合い下さった

みなさま、どうもありがとうございました(ペコリ)





 


 
コメント
コメントする









S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
クリエーターズバンク
blogram
blogram投票ボタン
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
Moblog
携帯からも見られます♪
qrcode
search this site.
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM