私の眠っていた絵心を目覚めさせたのはパステル和アートでした! - 2015.12.03 Thursday -

0




    私 は 子 供 の 頃 か ら 絵 を 描 く の が 好 き で し た



    小・中学校では美術の成績もよく賞にも入賞したりして、また家族や周りからも

    絵がうまいとうまいと言われて、すっかり自分でもその気になっていましたあっかんべー



    でも・・・

    高校に入り選択科目で何の迷いもなく”美術”を選んだ私は現実を

    知りました!!!ガ〜〜〜ン唖然撃沈困惑


    ええ、美術を選択する人たちってやっぱりそれなりのレベルなんですぅぅぅ

    その中に入ると、それまでちやほやされていた私レベルはフツーレベルになるんです

    上には上がいる(←当たりまえ〜)



    小さな狭い世界では通用してたけど・・・

    ええ、ええ、井の中の蛙とは私のことだすポロリ


    それでも高校で美術を選択し、初めての油絵などは楽しく描いていたのですが・・・

    ある日私のデッサン画を見た美術の先生に言われたんです!


    「お前のデッサンは狂ってる!絵の道(仕事)に着きたいなら画塾に行ったほうがいい」


    当時、実家の経済事情は苦しくて・・・とてもじゃないけど習い事代など無理な感じで

    そして多分自分でも自信がなかったんでしょうねぇ〜その時思ってた絵本作家やイラスト

    レーターになりたいという夢を諦めて、少し路線を変え?服飾専門学校にしたんですポロリ


    が・・・・・

     


    その服飾専門学校も途中で辞めることになったんです唖然撃沈困惑


    私が通っていた服飾専門学校は3年で卒業だったのですが・・・

    私は2年で修了証書を頂いて辞めました矢印




    両親が辞めて欲しいと私にお願したからです



    専門学校2年のある日。。。


    「どうしても3年行きたいか?

    今、経済的に苦しいから・・・2年で辞めて働いて欲しい」



    なんて両親に言われたら、その時の私は断れませんでした。



    その時、私はバイトを2つ掛け持ちして通学定期代や服飾でかかる材料費等は

    全部自分でやりくりしていました。学費だけ出してもらってたのですが・・・

    それも大学に比べたらかなりそれ程でもないとおもうのですが、それすら厳しい

    状況に実家の経済状態がなっていることもショックでした。




    本当は3年通って卒業したかった



    でもそれを我慢して、辛抱して、私は社会人スタートをフリーターとして迎えました。

    一応、アパレル会社を数社面接受けたんですが・・・鼻から全然無理でした!!!

    その時、またもや現実を知りましたびっくり冷や汗悲しい





    うふふ 今ならよぉ〜〜〜く面接官の方の判断は解りますイヒヒ

    服飾専門学校2年通った程度で、学校推薦もなく、中退で、特別な才能を秘めた

    デザイン画を持ってくるのでもなく、何かキラッと光るものをもってそうな感じ

    でもない人を採用しません!!!



    でも、その時の私は高2の時に美術の先生から受けた衝撃と同じような

    衝撃を20歳の私は受けたんですよねぇ〜・・・



    あぁ〜・・・


    私はもう絵を封印しよう





    もう絵に関することはダメだって勝手に思ってしまったんです^^;



    そして、また父のように60の手習いとして絵を描こう!ってニコニコ





    これが20歳の時の私の決心でした電球










    ↑10月のパステル和アートWSの時のものですパンダ


    ご新規お二人の方が参加されたのですが、お一人はご近所伏見の方で

    もうお一人はな・なんと!東京からお越しでした(驚)



    ネットって、ほんとすごいですよねぇ〜〜〜矢印



    ナチュールは結構他府県からのお客様も多いです




    そ・し・て


    私しかできないものならいざ知らず、パステル和アートは今ではかなり

    インストラクターも増えて全国にたくさんいらっしゃいます

    教室もたくさんあります



    それでも、

    私の絵が気にいったから〜と遠方からわざわざ来店して下さる方の存在は

    私にとってとても有難くて自分の自信をとりもどさせてくれるものでした!


    あの・・・20歳の時に(勝手に)自信喪失になってしまった^^;




    ヘタに家族や周りからも上手い上手いって言われて自分でも

    その気になってたから余計にショックが大きかっただけですけどねぇ〜







    kamuleパステル和アートというものに出会ったのは。。。

    2007年秋です 今から8年前、42歳の時です!




    私が20歳の時、自分の中で絵を封印してからはそれまでよく行っていた

    美術館にもあまり行かなくなり、絵に関するアンテナを下したのですっかり

    情報は入ってこなくなっていました(苦笑)




    なので、この2007年秋に初めてパステル和アートというものを

    知った時衝撃でした!!!!




    えっ!?何、この絵???


    びっくり びっくり びっくり










    そ・そうかぁ〜・・・・・


    絵から離れてる間に、知らん間にこんなアートが世間では広まってた

    のかぁ〜〜〜 全然知らんかったぁ〜〜〜 をまずは驚き。。。



    そして、次はこのパステル和アートの趣旨に驚かされました!!!



    絵に上手い下手はなく、好きな絵かそうでないかだけ

    絵は上手く描こうとするものではなく、楽しむもの


    パステル和アート誰でも簡単に楽しく描ける



    もうね、目からうろこ〜〜〜びっくりびっくりびっくり




    私は、それまで・・・


    絵は上手に描くもの(上手に描こうとするもの)と思ってたし

    実際そういう風に学校で習っていました



    だからデッサンが狂う私の絵は、上手ではないからアカンし

    ましてや絵の仕事になんて恐れ多いことなんや〜〜〜(>。<;)

    とずっと思っていました




    えっ、ちゃうかったん???


    絵って上手く描こうとしなくていいんやぁ〜〜〜ニコッヤッタv

    デッサン狂っててもええんやぁ〜〜〜笑笑




    なんか、もうね、それまで封印してた栓?重石?がとれたんです(笑)




    ポン!


    ええ、ワタクシ60の手習いなんてゆうてましたが・・・

    42歳で習っちゃいましたプップップッ



    43歳でパステル和アートの正インストラクターになってからは

    それまでとは打って変わってどんどんアートを広げていきました!



    パステル和(NAGOMI)アート


    パステル曼荼羅アート


    癒し美アート®


    心花点描曼荼羅アート


    ここはな癒し美アート



    キラほし



    そして、今夏からは新たに・・・

    自分が楽しむためのアートを描き始めています


    ここはなアート





    ゆう★ くま くま ゆう★





    あの封印解除から8年経ったらこんな感じになってました(笑)






    ↑パステル和アート『まる』と『希望の丘』ですパンダ




    きっと、自分で勝手にいろいろ思い込んでただけだったのですが・・・

    10代のあの頃の私はまだまだ世間知らずでナイーヴさんだったので(苦笑)

    絵を封印してしまったのも仕方なかったと思いますが、それでもあれから

    20年以上経ってこんな形でまた絵を描き始めるだけでなく、人様にお伝え

    するようになるとは意外でした。





    そして、このパステル和アートをきっかけに

    こんなにアートが広がっていったことも意外でした。





    kamuleこのつづきは、こちら





     

    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Entries

    Comment

    Catebories

    Archives

    Links

    クリエーターズバンク

    blogram

    blogram投票ボタン

    Profile

    Search

    Ohters

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM