お金のブロックって・・・その2 - 2017.10.09 Monday -

0

     

     

    一昨日の続きです!

     

    kamule 『お金のブロックって・・・その1』は、こちら

     

     

     

    結局私は、折角正社員として就職できた会社を8ヶ月で辞めて

     

    長野県に行きました!!!びっくりびっくりびっくり

     

     

     

    ○22歳!会社を辞めてスキー場のペンションで住込みバイト

     

    ねっ、思い切った行動に出たでしょう?

     

    私は昔から時々こういうことをやらかす人やったみたいですねぇ〜

     

     

    四葉のクローバー

     

     

    四人兄弟の一番上で

     

    お姉ちゃんやからと育てられ

     

     

    それまでは・・・

     

    両親のいうことは比較的よく聞いてたのが

     

    初めての反抗だったのかもしれませんねぇ〜

     

     

    私は思春期に特に反抗期っていうほどのこともなかったし

     

    20歳を過ぎてから・・・遅まきながら親に反抗???

     

     

     

    う〜〜ん、たぶん

     

    どこかで家族の犠牲になってる感があったのでしょうねぇ〜ふぅ〜ん

     

     

    家族と離れて

     

    京都も離れて

     

    長野県で暮らす

     

     

    毎日大好きなスキーをする生活というのは

     

    この時の私にはとても魅力的なことでした!

     

    ♡ ♡ ♡

     

     

    初めての実家から離れて暮らすこと2ヶ月

     

     

    自 由 で し た

     

     

    苺 苺 苺

     

     

    好きなことをしたあとは

     

    厳しい現実が待っていましたけどね

     

     

     

    _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

     

     

     

     

    ○23歳!またまた経理事務として正社員になる

     

    スキー場での住込みバイトから真っ黒になって帰ってくると・・・

     

    まずは家族が驚きました!!!びっくりびっくりびっくりひやぁ〜〜

     

     

    「じぃぶぅ〜ん、あの時、別人みたいになって帰ってきたなぁ〜

     

    なんか宇宙人みたいな感じやったわぁ〜〜笑笑笑

     

    と今でも妹が言います

     

     

    なかなか社会復帰が難しい感じになってしまっていたので・・・

     

    正社員として働くのがしんどかったですあせ

     

     

     

    _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

     

     

     

    一度自由を味わってしまったからでしょうか?

     

    いや、私の魂が求めているものがそうさせたのでしょうか?

     

     

    この会社も・・・続けることが出来ませんでした!!!

     

    (※実はストレスで体調を壊したからですけどね悲しい

     

     

    折角社会復帰できたこの会社も3年半(26歳)で辞めました暑い

     

     

    スキーの住込みバイトから帰ってきて心配してたけど

     

    すぐに名前の通った大きな会社に経理事務として転職で

     

    きたので、両親も喜んでいたんですけどねぇ〜。。。

     

     

     

    そして、このあと私は

     

    35歳までずっと模索し続けることになるのです!!!

     

     

    ◎働く形態も正社員、バイト、派遣社員。。。

     

    ◎職種も経理・インテリアコーディネーター・販売・受付。。。

     

     

    働く形態も職種もこだわらずいろいろやってみたけれど・・・

     

    どこも満足できない!!!

     

     

     

    もっと夢中になれるような仕事がしたいのに

     

    もっと私を活かせるような仕事をしたいのに

     

    私に合う会社や仕事がない〜〜〜!!!ノーノーノーノーノーノー

     

     

     

    冷や汗冷や汗いやいやいや〜〜〜〜ちゃうちゃうちゃう〜〜〜

     

    私が社会に合わすことができひんだけやでぇぇぇ汗アセアセ汗

     

    と、今ならわかるのですがこのときの私はこんな感じでしたあっかんべー

     

     

    若気の至り・・・

     

    というか、大きな勘違いというか、若さゆえで・・・

     

     

    四葉のクローバー

     

     

    20代後半になっても転職を続ける私に両親は言いました!!!

     

    「どこも続かへんなぁ〜 お前は何がしたいねん?」

     

    「お金を稼ぐのはそんな甘くないで〜 ガマンしな!」

     

    「昔から手先が器用やったけど・・・器用貧乏やなぁ〜」

     

    「もう仕事より、ええ人みつけて結婚したらどうや?」

     

     

    そうそう、そういえば

     

    お見合いもさせらえましたねぇ〜(遠い目)

     

     

    ・・・

     

     

     

    ○27歳!実家を出て妹と二人暮らし

     

     

    27歳の時、イキナリ転機がやってきました!!!

     

     

    26歳で会社を辞める1〜2年程前から実家の居心地が悪くなっていました

     

    弟は二人いますが、上の弟の家庭内暴力が酷くなってきていたからですあせ

     

     

    まず、下の弟が実家を出て一人暮らしをしました電球

     

    (その後、ほどなく下の弟は23歳で結婚しました)

     

     

    残された私と妹は・・・ふぅ〜んふぅ〜ん 「(下の弟に)先、抜けられたなぁ〜」

     

    お金を貯めて私たちもいずれ実家を出たいと思っていましたがもう少し先と

     

    考えていました!が。。。

     

     

     

    ある日、妹は上の弟にグーで顔を殴られたことで限界がきて家を出ました!

     

     

    友達の家へ家出です汗アセアセ汗

     

     

    私はソースや醤油等を顔にかけられたことはよくあったけど、まだ殴られては

     

    いなかったので我慢できたのですが・・・妹はさすがに限界だったみたいです!!!

     

     

     

    _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

     

     

     

     

    上の弟の様子がおかしい・・・

     

    と母が気づいたのは、弟がまだ中学生の頃でした。

     

     

     

    母は父に相談しました

     

     

    「最近ちょっとあのこの様子がおかしいから・・・

     

    病院(精神科)で診てもらったほうがいいんと違う?」

     

     

    父は昔の人でしたから、

     

    自分の息子が精神科に診てもらうということにすごい抵抗があり

     

    また長男なのでしっかりしてほしいと思ってか上の弟にはかなり

     

    厳しかったのです!!!

     

     

     

    結局、母は父にとりあってもらえず・・・

     

    病院そのまま病院には行きませんでした!!!

     

     

     

    (※ここで病院に行ってたら、今弟は障害者年金をもらえたのですが・・・_| ̄|○

     

     

    今なら普通に心療内科受診も当たり前ですが、あの頃は父に少し偏見があった

     

    のでしょう!自分の息子が心の病気なんて、長男なのに、そんなはずない!と

     

     

     

    晩年、父はそのことをずっと悔やんでいて・・・

     

     

    「お父さんは、ちょっと(上の弟に)厳しすぎたなぁ〜・・・

     

    長男やからって・・・そのせいで病気になってしもたなぁ〜」

     

     

     

    そんな父も実は長男で、そんな風に厳しい環境で育ってるのです_| ̄|○

     

     

     

     

    四葉のクローバー

     

     

     

    今ならよくわかります

     

     

    弟に期待をして厳しく育てた父も

     

    その期待に応えられず心の病気になってしまった弟も

     

    両方とも、どちらも悪くないって

     

    キラほし

     

     

    でもね、

     

    あの頃の私はまだ全然分かっていなくて・・・

     

     

     

    もうこんな家嫌や

     

    なんでこんな家に生まれたんやろ

     

     

    もっと違う家に生まれたかった!!!

     

     

     

    これがあの頃の私の正直な気持ちでした悲しい

     

     

     

     

    ゆう★くまくまゆう★

     

     

     

    おっとぉ〜〜〜

     

     

    ますますスイッチオンに加速がかかってきてますねぇ〜〜

     

     

     

     

     

    本日はこの辺で

     

     

     

    後日につづく

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    Entries

    Comment

    Catebories

    Archives

    Links

    クリエーターズバンク

    blogram

    blogram投票ボタン

    Profile

    Search

    Ohters

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM