お金のブロックって・・・その8 - 2017.10.30 Monday -

0

     

     

    四葉のクローバー 『お金のブロックって・・・その1』は、こちら

     

    四葉のクローバー 『お金のブロックって・・・その2』は、こちら

     

    四葉のクローバー 『お金のブロックって・・・その3』は、こちら

     

    四葉のクローバー 『お金のブロックって・・・その4』は、こちら

     

    四葉のクローバー 『お金のブロックって・・・その5』は、こちら

     

    四葉のクローバー 『お金のブロックって・・・その6』は、こちら

     

    四葉のクローバー 『お金のブロックって・・・その7』は、こちら

     

     

    つづきです!

     

     

    四葉のクローバーキラほしにじキラほし四葉のクローバーキラほしにじキラほし四葉のクローバー

     

     

     

    あの日、朝から電話がありました

     

    父からでした

     

     

     

    畑で急に胸が苦しくなって・・・

     

    とりあえず、母と一緒に病院に行くけれど

     

    母はパートの仕事があるから、病院に来てくれないか?と

     

     

    その日、私は定休日でした

     

     

    すぐに病院に行くと。。。

     

     

    顔色が悪い父が治療の順番を待っていました病院

     

     

    父は今までに何度か入院しています

     

     

    きっと今回もすぐ治るはずって

     

     

    そう思っていました

     

     

     

    医師は言いました

     

     

    「少し胆嚢が腫れていますが・・・特に問題はないです」

     

     

    じゃあ、なんで父は畑であんなに胸が苦しくなったん???暑い

     

    と思いましたが、その時の私たちは先生がそう言うんやったら

     

     

    きっと大丈夫なんや!

     

     

    そう信じてしまいました

     

     

    というか、

     

    まったくの無知でしたあせ

     

     

     

    結局、胸が苦しいのは胆嚢が少し腫れていたからという医師の診断に

     

    安心して、それより以前よりずっと気になっていた鼠蹊部ヘルニアの

     

    手術をすることになりました!!!

     

     

    ええ、やはり入院ですあ

     

     

     

    そこは、総合病院でした

     

    一応、一通りの検査はして頂きました

     

    確かにその一通りの検査では見つからなかったのですが

     

     

    ・・・・・

     

     

    ・・・・・

     

     

    ・・・・・

     

     

     

    これも運命なのでしょうか?

     

     

     

     

    3ヶ月後の9月には・・・

     

    父は白い便がでて顔だけでなく体にも黄疸がでて病院に行くと

     

    即入院させられました!!!

     

     

     

    ・・・・・

     

     

     

    ・・・・・

     

     

     

    「検査では何の証拠も出ていませんが・・・ほぼ間違いなく癌です」

     

     

     

     

    12年経った今でも時々思います

     

     

     

    6月に胸が苦しいと病院に行ったときに見つけてくれていれば。。。

     

     

     

    3ヶ月って進行癌にはとても大きいです!!!

     

     

     

    父は『上部肝門部胆管癌』でした!!!

     

     

     

    _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

     

     

     

    主治医は、父の希望で鼠蹊部ヘルニアの手術をした医師です

     

    ・・・胆管癌を胆嚢が腫れてるだけと見逃した医師ですあせ

     

     

     

    いや、別にその医師を責めるつもりはないのですが・・・

     

    診てもらう病院や医師が違っていたらもう少し父は生きられた

     

    のかなぁ〜とついつい思ってしまうのですポロリ

     

     

     

    病院  病院  病院

     

     

     

    かなり予後が悪い癌です

     

     

    それでも手術はできるって主治医は言いました

     

     

    術前検査では転移がなかったからです

     

     

     

    開腹後、リンパ節への転移が見つかりました

     

     

    遠隔転移です!!!

     

     

     

    ・・・インオペですポロリ

     

     

     

    開腹したけれどそのまま閉じられました

     

     

     

    それまでは特にステージは言ってなかった主治医が

     

     

     

    『ステージ4bです』

     

     

     

     

    末期癌です

     

     

     

    余命半年。。。

     

     

     

    そう告げられた2005年10月でしたもみじもみじもみじ

     

    今からちょうど12年前の秋のことを今でもよく覚えています

     

     

     

    病院  病院  病院

     

     

     

    この年の3月には・・・

     

    私は外郎だぁりんに別居婚を提案してて

     

    父の入院&手術がなければ秋にはハワイ挙式を考えていました

     

     

    が。。。

     

     

    父が入院、それも癌だとわかりそれどころではなくなりました

     

     

     

    でも余命半年・・・

     

     

     

    父は母に言ってたそうです

     

     

    「娘とバージンロードを歩きたい」って

     

     

     

    電球

     

     

     

    今私が父にできることって・・・

     

    花嫁姿を見せること&一緒にバージンロードを歩くこと

     

    じゃないのかな?

     

     

     

    外郎だぁりんに相談して・・・

     

    私は急遽、京都の教会に挙式の予約をとりました

     

     

    結晶2005年12月 入籍

     

    結晶2006年1月 挙式

     

     

    入籍日も挙式日も両方とも雪が降っていました雪

     

     

    無事に父と一緒にバージンロードも歩けました♡♡

     

    ↓    ↓    ↓

     

     

     

     

     

    こうして、私は40歳で結婚したのです

     

    なんとなく父が背中を押してくれた感じです

     

    あのままだと・・・

     

    外郎だぁりんは怪しいものでしたから笑笑笑

     

     

     

    ちょうどその頃、彼は東京から名古屋の会社に転職したところで

     

    京都と名古屋の別居スタートとなりました!!!

     

     

    父のこともあったので

     

    この別居婚はよかったです

     

     

    父のために、今、できるだけのことをしたいと思っていたので

     

    大阪の病院まで温熱療法を受けに行く運転手でした、ワタクシkamule

     

     

    こ の と き 優 先 順 位 は す べ て 父 で し た

     

     

     

    キラほし

     

     

     

    それまでの私の優先順位は自分です

     

    自分以外の人が優先順位になったのは初めてです

     

     

     

    大 切 な 家 族 の 命 が 残 り 少 な い と 知 る

     

     

    と 人 は 大 き く 変 わ る も の で す よ ね

     

     

     

    私の意識は大きく変わりました!!!

     

     

     

    四葉のクローバー  四葉のクローバー  四葉のクローバー

     

     

     

     

    父は余命半年といわれていた春も乗り切り桜

     

    翌年、2006年5月ナチュールは無事に5周年を迎えました

     

     

    「お父さん、ほぼ、開業するときに『5ヵ年計画書』書いたあの通り

     

    の売上&収入で5周年を迎えることができたわ!ニコッ手

     

     

    「おぅ、そうかぁ〜朝子はもう心配することないなぁ〜 心配なんは

     

    ○○(上の弟)と○○(お金を貸してる人)やなぁ〜・・・唖然撃沈困惑

     

     

    今でもこの会話をした時の父の空気感を覚えています

     

     

     

    この頃父の容体は比較的落ち着いていました

     

    (・・・落ち着いているようにみえました)

     

     

     

    抗癌剤の副作用も少ないように思えたのですが。。。

     

     

     

    そうそう!

     

    父の容体が少し落ち着いていたからこそ

     

    このブログ『ほったいむ』を始めたのです

     

    2006年6月14日スタートキラほし

     

     

     

    どこかで、

     

    今父のことを書き残しておきたい

     

    もし奇跡が起きてこのまま癌と共存出来たら

     

    って

     

     

    そんな風に思いながら初めてのブログをスタートしました

     

     

     

     

    ブログを始めて1ヶ月後

     

     

     

    父は永眠しました

     

     

     

     

    キラほし

     

     

     

    2006年7月15日 享年72歳

     

     

     

     

    そこから四十九日までブログは書けなくなりましたポロリ

     

     

     

    四葉のクローバー

     

     

     

    余程このままブログはやめてしまおう!

     

    と思っていたのですが。。。

     

     

     

    どこからか、父の声?が聞こえてくるんですよねぇ〜・・・

     

     

     

    「朝子〜、おまえ〜お父さんのせいにすんなよぉ〜たらーっ

     

     

     

    あぁ。。。

     

     

    そうやなぁ〜

     

     

     

    父のことを言い訳にブログを辞めるのではなく、辞めるなら

     

    違う理由にしないとアカンなぁ〜今やめることは簡単やけど

     

    父はこの簡単なほうの選択をヨシとしないなぁ〜・・・_| ̄|○

     

     

     

    なんとか気を持ち直してブログは続けましたが。。。

     

     

     

    父のことをリアルに書けるようになるまで半年ほどかかりました!!!

     

     

     

    書けるようになったのはレイキを学んでからですね

     

     

     

    頑なになっていた心が徐々にほぐれてきて。。。

     

     

     

    やっと手放せそうになってきたとき。。。

     

     

     

     

    ブ ロ グ で 書 く こ と で 私 は 救 わ れ ま し た

     

     

     

     

    にじキラほしキラほし

     

     

     

     

    ブログで書くことは

     

     

    自分と向き合うことができるからです

     

     

     

     

    父が永眠してからの半年間は・・・

     

    怒涛のような日々で、必死すぎて、私は限界が来ていました!!!

     

     

    もう完全に少し自分を見失っていましたねぇ〜(遠い目)

     

     

     

    だって、問題が一気にやってきたんですぅぅぅ悲しい悲しい悲しい

     

    👇↓     👇↓     👇↓

     

     

    ○実家のお金はすべて父が仕切っていたので、家にいくらお金がるのかも

    母は何も分かっていなかった!!!母は毎月の生活費を貰っていました。

     

    (※現に、通夜・告別式で僧侶に待ったなしで支払う現金は妹が用立てしました汗

     

     

    ○父はおばちゃん(祖父の妹)経由で○○に3500万円貸していて500万円しか

    返済してもらっていなくて、残り3000万円はもう何年ものらりくらり中!!!

     

    (※このお金は父が亡くなる直前まで気にかけてて、母と弟の生活に必要なのです汗

     

     

    ○下の弟一家は、実家を継ぐことはできないと告別式が終わるとすぐ宣言する!!!

    まぁ〜弟の奥さんの立場からしたら理解できるけど、この時は正直私達驚きました。

     

    (※実は父は長男が病気なので、次男に期待をかけて生前下の弟に匂わせてました汗

     

     

    ○外郎だぁりんが何度か転職を繰り返し無職になり京都で同居婚になりました!!!

    おまけに借金(カードローン150万円)と彼の生活費は私が稼ぐことになりました。

     

    (※別居婚8ヶ月で解消して同居になったら・・・私が養い借金も返済することに汗

     

     

    ○妹は父の意志を継いでなんと3つの仕事を掛け持ちして必死で頑張っていました!!!

    なので姉の私も必死で頑張るしかなくて、妹のフォローもできるだけしていました。

     

    (※京都競馬開催の時は指定席の売店の仕事おばちゃんが昔からしてたのを、生前父は

    おばちゃんに頼まれて手伝っていました。そのつながりで○○へ3500万円ものお金

    を貸すことになったのですが、返済が滞るようになってからはこの売店の売上で少し

    づつ返済してもらうようにしていました!!!それを妹や時々上の弟も手伝っていて、

    父が他界後は妹が父に代わりにやりだしました。その手伝いを私も少ししていました。

    業務用スーパーに買い出しや金曜日に搬入、そうそう無職だった外郎だぁりんにも何度

    か手伝ってもらっていましたあっかんべーイヒヒ私はサロンの予約があるので裏方ばかりですけど汗

     

     

     

    ふぅ〜 全部読んだ???

     

    ねっ!いろいろあるでしょう???

     

     

    この頃の私、尋常じゃない位・・・

     

    精神的にも肉体的にもしんどかったデス

     

     

     

    _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

     

     

     

     

    つづく

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    Entries

    Comment

    Catebories

    Archives

    Links

    クリエーターズバンク

    blogram

    blogram投票ボタン

    Profile

    Search

    Ohters

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM