統合失調症11 - 2018.04.19 Thursday -

0

     

     

    最初は少し備忘録として記しておくつもりが・・・

     

    もう『11』になりました!!!少し書きだすといろいろな感情や思い等が

     

    内からあふれ出してきて、、、

     

     

    こうなったらもう出てくるものは全部記しておこう!って電球

     

    出し尽くしたらまた次に進みやすくなるような気がしています

     

     

    ということで、

     

    もう少しこのシリーズ?は続きますが・・・

     

    読んで下さってる奇特な方々、よろしくお願い致しますm(_ _)m

     

     

    ※以前、同様に父のことをいろいろ書いていたら・・・

    いつもと違う感じの内容(暗い?)が残念だとコメントして下さる方がおられました。

    私的には、それも含め自分なので少し驚きました!!!そうかぁ〜・・・いつも元気で

    明るく面白くしてるイメージが強かったのかな?その真逆な部分はあっても見せてくれ

    るなってことなのかな?と少し考えさせられましたが・・・、「人のことを誹謗中傷し

    てるわけでもなく自分と家族のことを詳しく書いてるだけなので、まっいいか」ってあっかんべー

     

     

    kamuleただ、そうはいっても内容は決して楽しいものではないので、、、

    このシリーズの記事をスルーされる方はどうぞスルーして下さいませm(_ _)m

     

    特にここからは、まだリアルに自分が記憶していることを書いていくので感情が揺れ

    動き、今までのように何年か経って消化した状態ではありません。消化しきれていな

    い部分もあるけど、それも含めて今の状態で記していくのもいいかなと思っています。

     

     

     

    四葉のクローバー

     

     

     

    結晶『統合失調症10』は、こちら

     


    kamuleつづきです!

     

     

     

     

    ■2018年1月29日夜 弟が救急車で運ばれる!!!

     

     

    ※救急車を呼ぶまでのことは『統合失調症1』(こちら)に書いていますので省略。

     


    救急車はすぐにきました病院

     

     

    弟の部屋で待機していると、、、

     

    まず、40代後半位の救急隊員の方が入ってこられました!

     

     

    弟の状態を確認して、私達に事情を聞かれていると・・・

     

    若い救急隊員の方が二人部屋に入ってこられました!!!

     

     

    そして、

     

    弟は救急車に運ばれたのですが、、、

     

     

    ここからが長かったのです!!!

     

     

    困る  困る  困る

     

     

     

    救急車はすぐに来たのに・・・

     

    そして救急隊員の方たちも迅速に弟を救急車に乗せられたのに・・・

     

    自宅横に止められた救急車は一向に発信しません???

     

     

    おどろくドゥラ  おどろくドゥラ  おどろくドゥラ

     

     

    それは、、、

     

     

    ■搬送される病院がすぐに決まらない!!!

     

    ■受け入れてくれる病院がなかなかない!!!

     

     

    からでした!!!

     

     

    よくTVのニュース等でみていた、受け入れ先の病院がなかなかなくて・・・

     

    救急車がたらいまわし状態で・・・助からなかったってことに!?

     

    弟もならないのだろうか???

     

     

    今、救急車に乗せられてはいるけれど一刻も早く病院に行かなくても・・・

     

    弟は大丈夫なのだろうか???あのときもう少し早ければってならない???

     

     

    という不安を家族は抱えながら待機していました!!!

     

     

    困る 困る 困る 汗 アセアセ 汗

     

     

     

    *** 備忘録/まとめ ***

     

    私と妹が母からの電話(夕方6時過頃)ですぐに実家に帰ってきたのは、、、

    6時半頃でした!そして、すぐに弟の様子を見に2階の部屋に上がりベットで

    いびきをかいて寝ている?(意識を失っている)状態の弟に何度声をかけても

    反応しないので、これはいつもの”薬のかため飲み”状態ではないことに気づき

    ようくみてみると・・・、どうやら枕の横の方をみると嘔吐した後をみて!?

    これはアカン!!!すぐに病院や!!!すぐに妹が弟が通院している病院(精神

    科)に電話すると、まずは薬を大量に飲んでるなら先に胃洗浄等が必要なので、

    救急車を呼んでくださいと。そして電話を切り妹がすぐに救急車を呼びました!

     

    病院救急車が来たのは7時頃です!

     

     

    ちょうど姪っ子の帰宅時で救急車が町内に入っていくので、どこ?と思ってると、、、

    ま・まさかのおばあちゃん家で止まり救急隊員の人たちが入っていくのをみて!!!おどろくドゥラおどろくドゥラ

    ちょうどその時、母(義妹)も帰ってきたので二人で実家に来ました!すると・・・

    救急隊員の方が私達に事情を聞いてるところでした。その後は、母・私・妹・義妹・

    姪の5人で救急車が出発するまで待機です。救急車には妹が乗っていき、その後から

    私が母を連れて行くから病院が決まったら教えてと、あと必要なものも準備して待っ

    ていましたが・・・一向に受け入れ先病院が決まらないようでした!?

     

     

    すると下の弟が来ました!!!義妹が連絡していたようです!(※普段なら帰宅するには

    かなり早い時間だったのですがこの日は近くで商談があり直帰出来たみたいです)弟に

    事情を説明して6人で待ってると、次は警察がやってきました!!!(救急車を呼んだ

    ので警察の人も聞きに来られるみたいです)事件性がないかどうかの確認でした!!!あせ

     

     

    もう30分以上経った頃、あまりにも遅いので救急隊員のリーダーの方?に聞きました!

    「まだ病院が決まらないのですか?弟の状態は大丈夫ですか?」そして、候補の病院名を

    4つほどあげてみたのですが全部受け入れ拒否だったと、、、_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○ 今、他の病院を

    あたってる最中で、弟のとりあえずの救急の処置はしてるけれど危険性のことも聞いて

    私たち家族は居ても立っても居られないような状態で待っていました。そして、、、

     

     

    *****************************

     

     

    病院40〜50分後やっと救急車は病院に向かいました!!!

     

     

    えっとぉ〜・・・、救急車がきてから40〜50分後って・・・遅くないですか???

     

    それとも最近はこんなかんじなんでしょうか???実は、私は20代の頃父が胸が苦し

    くなって、母が救急車を呼んでって言ったので電話をしたことがあります。その時も

    救急車はすぐに来て、そして救急隊員の方たちが迅速に父を救急車に運び母が一緒に

    救急車の乗って行った経験をしていたので、今回もすぐに救急車が出発すると思って

    て、その後私も急いで母を連れて病院に行くつもりでした。

     

    後日、隣に住んでいる叔父も「救急車、小一時間とまってた!」と驚いていましたびっくり

     

     

    病院   病院   病院

     

     

    救急車が出発する前に、救急隊員リーダーの方から搬入先病院を聞いたのですが・・・

    初めての病院ですぐには場所が分からなかったのですが・・・暑い、下の弟が聞いてくれ

    るとなんとか病院の場所が分かると!それで、結局下の弟の車で私と母が一緒に乗って

    行くことにしました!車

     

     

    その弟が救急車で搬入された病院に着くと、、、

    まず最初の印象は『ホテルみたい』です!!!まだ完成して2年程の新しい病院でした。

    すぐに時間外の入り口から入ると、なにやら妹がやってきました!!!『お姉ちゃん、

    ごめ〜〜ん!!!私が車のキーもって救急車に乗ったから・・・今気づいて電話したとこ』

    って!!!えっ!?びっくり私は電話にはまったく気づいてなくて、弟の車できたのでキーも

    気づいてなかったですあっかんべー妹も焦って救急車に乗っていったんでしょうねぇ〜〜汗アセアセ汗

     

     

    私たちは、救急処置室に入ってる弟を待ちました!

     

     

     

    つづく

     

     

     

     

     

    kamule『遠方に行けなくなってもう・・・4年経ちました』は、こちら

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Entries

    Comment

    Catebories

    Archives

    Links

    クリエーターズバンク

    blogram

    blogram投票ボタン

    Profile

    Search

    Ohters

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM