統合失調症18 - 2018.06.24 Sunday -

0

     

     

    結晶『統合失調症17』は、こちら

     

     

     

    kamuleつづきです!

     

     

     

    弟から・・・まさかの言葉を聞いて・・・私と妹はショックでした唖然撃沈困惑

     

    そ・そうか、、、そうやったんかぁ〜、、、気づけてなかったなぁ〜、、、

     

     

    その時、消灯後の暗闇のICUで、なんだかイキナリ後ろからハンマーで

    頭を殴られたような大きな衝撃を私たち姉妹は受けていたのです!!!

     

     

    父永眠後、この11年半弟と向き合ってきたので(つもりだったので)ある程度は

    分かってるつもりになっていたけど・・・、実は全然分かっていなかったことに

    この時やっと気づきました電球電球

     

     

     

    「もしかして・・・今までも何回か死のうと思ったことあるのん?」

     

     

    「うん、何回もあるな!」

     

     

     

    _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

     

     

     

    『統合失調症』に関する本も何冊か読み、頭で理解していたはずなのに・・・

     

    何故か、弟に関しては ソレ が抜けていました!!!

     

     

    精神的な病気になると ソレ は離して考えられないはずなのに・・・

     

     

    私だって上手くいかないことが続いてた時 もう死んでもいい と思ったことは

     

    あったけれど 行動するまではなかった 弟も何故かそうだと思っていた・・・

     

     

     

    病院   病院   病院

     

     

    その日夜が明けてから、私はICUに妹を残して実家の母を迎えに行き・・・

     

    一応、母にもそのことを伝えると・・・やはりショックを受けていました!!!

     

    本当は年老いた母に伝えるのは少し酷なことだったのですが、普段母と二人暮らしで

    母は弟が言うことをきかないとかなりキツイ事を言うことがあり、弟はそれを気にし

    てる感じだったので。。。

     

     

     

    少 し 優 し く 接 し て あ げ て

     

     

    と言って母を連れて病院にもどりました病院車

     

     

     

    母も 私も 妹も 優しい気持ちで 弟に接したからでしょうか?

     

    なんとなく・・・弟の心も少しほぐれてきたような感じがしましたキラほし

     

    (いや、単にみんなにかまってもらって嬉しかったのかな?)

     

     

     

    とりあえず、

     

    やっと弟の高熱も下がり悪性症候群も回復に向かってきて、主治医からも

     

    「週明け血液検査の結果が良ければ転院することができる」と言って頂き、

     

    一応の目途がついたかにみえたその日・・・・・

     

     

     

    またもや事件は起きました!!!

     

     

    いや、もとい、事件はちょっと大袈裟でしたneあっかんべー

     

     

     

    えっとぉ〜・・・・・

     

     

    ◎ワタクシ若い看護師さんをちょっと泣かしてしまいました!!! m(_ _)m

     

     

     


    あっ・・・!いやいやいやいや〜〜〜〜

     

    ちゃうねんて、ちゃうねんて、ちゃうねんて〜〜〜

     

    ちょっと奥さん!聞いてくれるぅぅぅ???

     

     

    困る汗アセアセ汗

     

     

     

    ◎土曜日、一度帰宅後また夜勤(夜の付き添い)の為に妹と病院に戻ると・・・

    その日夜勤(←これはほんまもん)の看護師さんが弟の部屋にご挨拶「今夜担当

    させて頂きます○○です」をされて、それから主治医からの伝言がありますと!

     

    「先生が今日転院先の病院に連絡されたら・・・病院(転院先の病院=弟が通院中の

    病院)から受け入れ拒否?されたのですが・・・、どうされますか?月曜日もまだ

    ICU泊りでいいですか?と、ご家族に聞いておいてくださいとのことでした!」

     

     

    えっ!?

     

    なんですと???

     

     

     

    「あのぉ〜・・・どういうことですか???確か、このまま血液検査の結果が良け

    れば、月曜日には(通院中の病院に)転院できると今朝先生(主治医)から聞い

    てたんですが・・・???・・・受け入れ拒否ってどういうことですか???」

     

     

    「あのぉ〜・・・、そうですよねぇ〜・・・、なんか今日は土曜日で事務局の方?

    が電話に出られたので少し伝わりにくい感じだったらしいのですが、先生がおっ

    しゃるには・・・まだ転院を受け入れることができないと先方に言われたと・・・

    しどろもどろ〜・・・」

     

     

    いえね、奥さん!確かに夜勤で交代連絡(引継ぎ)の看護師さんが悪くない事はこちら

    も重々承知ですが、、、ですがですよ!!!ちょっとそれはおかしくないですか???

     

    でね、やっぱり少し語気は強くなるわけですよ!!!

     

     

    「えっ!転院受け入れ拒否と先方に言われたんですか???現在、弟は通院中で・・・

    もう20年以上お世話になっている病院なんですが・・・、理由はなんですか???

    それに月曜日転院できないとなると、こちらで延長だったらまた家族が夜の付添しな

    くてはいけないんですよね???この1週間毎日夜の付き添いして、仕事にも体にも

    かなり影響がでてて・・・これ以上夜の付き添いは厳しい状況なんですけど!!!」

     

     

    最初、ご挨拶に来られたときは私も妹もにこやかに笑顔で「よろしくお願いします」

    と言ってたのが、、、このとき二人共「なんですと???」状態でその看護師さんに

    迫ったからでしょうか???みるみるうちに看護師さんが半泣き状態になって・・・

     

     

    「あっ、あっ・・・、そ・そうですよねぇ〜・・・あのぉ〜・・・えっとぉ〜・・・・・」

     

     

    「すみません、ちょっとどういうことか分からないので先生に連絡してもらえませんか?」

     

     

    「あっ!それはできません!先生に連絡はできません!!(キッパリ)」

     

     

    「えっ!?どうしてですか???」

     

     

    「あっ、そ・それは・・・・・・そのぉ〜・・・・・・・」

     

     

    「あのね、こんな説明でどうされますか?と聞かれても答えようがないんです!

    先生に連絡できないってこともおかしくないですか?主治医ですよね?時間外

    でもお休みでも連絡位できないのはおかしいですよ!!!こちらも、全部調整

    して病院にきてるんですよ!!!納得のいく説明をしてもらえませんか???」

     

    (※上記のような内容の会話を途中から妹も参戦したので1対2で看護師さんに迫りました)

     

     

    「あっ・・・、はい・・・、わ・わかりました。・・・先生に連絡とってみます。」

     

    と言い、最後には私たち姉妹の勢いに負けて逃げるように病室を出ていかれました。

     

     

     

    ええ、ええ・・・、この会話全部弟の病室でしていたんです病院あせ

     

     

     

    看護師さんが出ていかれてから、、、

     

    弟が「お姉ちゃんも○○(妹)もちょっと大人げないんちゃうか?もうちょっと

    怒らへんと看護師さんに優しく言ったらええのに〜」と言ったのを聞いて。。。

     

     

    私と妹は我に帰りました!!!(はっ!しまった!弟の前やった!)

     

     

     

    _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

     

     

    いえ、看護師さんへの対応は私も妹も間違っていたとは思っていないのですが・・・

    弟のいないところでするべきでした!!!看護師さんに「お部屋を出て話ましょう」

    と言ったらよかったなぁ〜・・・痛恨のミスをしてしまったぁ〜!!!と後悔していたら

    妹が言いました!

     

    「あっ、お姉ちゃん、あの看護師さん泣いたはるわ〜」(こっそり私に耳打ち)

     

     

    えっ!?マジ???

     

     

    弟の部屋は看護師さんたちのいる場所から一番よく見える部屋なのです!!!

    ということは、こちらからも看護師さんたちがよく見えるのですびっくり冷や汗

     

     

    泣きたいのはこっちやで!!!

     

     

    「あっ、他の看護師さんに慰めらたはるわぁ〜・・・」(こっそり)

     

     

    ほんま、泣いてる場合ちゃうって!!!早よ、先生に連絡してぇぇぇ!!!

     

     

    と、心の中で思いつつ、これ以上弟に精神的動揺を与えてもアカンので私と妹は

    何気ないふりを装いつつ、弟とTVを観ながらも横眼で看護師さんたちの動向を

    追っていました。

     

     

    そして、30分程経った頃でしょうか、、、

     

    あの泣いていた看護師さんが部屋に来られました

     

     

    「あのぉ〜・・・・・・」

     

     

    「あっ、(妹に)部屋の外で話してきて!お姉ちゃんここにいとくわ!」

     

     

     

    病院   病院   病院

     

     

     

    病室で弟と一緒にTVを観ながら話してても・・・

     

    やはり弟も気になってるようでした!

     

     

    そりゃそうですよねぇ〜

     

    自分が現在通院してる病院への転院が受け入れ拒否!?

     

    と聞くと、、、 あと、月曜日にはこのICUから出れると思ってたのに・・・

     

     

    ほどなくして、

     

    妹が看護師さんとの話が終わり病室に戻ってきました!

     

     

    「なんて?」

     

     

    「うん、一応先生に連絡ついて、先生明日(日曜日)の朝来てくれやはるみたい」

     

     

     

    ほっ。

     

     

    「それから・・・一応、私、看護師さんに謝っといたわ〜」

    と妹はこっそり私に耳打ちしました。了解です。正解です。

     

     

     

    その後は、三人で病室で何でもない会話をしながら消灯を迎えました。

     

    ◎夜中は相変わらず・・・まだどこかへ行こうとする(家へ帰ろうとする?)

    ので気が抜けませんが、その夜はそれまでで一番マシでした(いいこでした)

     

     

     

    夜空夜空月夜空

     

     

     

    翌朝、日曜日ですが朝一番に主治医は来てくれました!

     

     

    そして、事の顛末を看護師経由で解りにくかった話を詳しく聞きました。

     

     

    要は、主治医の段取り(手配)が甘かったのだと思うのですが(ごめんなさい)

    多分相手先(転院先の病院)は弟の担当医が土曜日いなくて代わりに事務局の

    方との話で・・・なかなか通じてない感じだったそうです汗アセアセ汗

     

    主治医的には、、、

    一応、私たち家族にも都合があると思って看護師に伝言されたようですが・・・

    (ICUに1週間も入ってるのでその料金や夜の付き添いがまだ続くことへの配慮)

     

     

     

    ええ、ええ・・・奥さん!聞いてくれる?ワタクシちょっと毒はいちゃいますね・・・

     

     

    先生、つめが甘いねん!!!

     

    なんでもっと早めに転院の連絡とっておかへんかってん?自分入院時からゆうてたやん!

    そんな中途半端な対応して、それを看護師さんに伝言して帰宅って、看護師さんも困るわ!

    いやいやいや〜〜〜、最初から悪くはないけどなんか先生若いからか?不安感があるねん!

    と心の中で思いつつも・・・そこは日曜の朝一番に来てくださったのでぐっと抑えて・・・

     

     

    「あぁ〜、そういうことでしたかぁ〜分かりました!じゃあ、明日朝一番にもう一度

    血液検査をして、(転院先の)病院にも先生から連絡して下さるんですね???」

     

     

    「はい。今回は僕の言葉足らずで、すみませんでした。」

     

     

    と病室を出ていかれた主治医をおいかけて私も病室を出ると・・・

     

    あの泣いていた看護師さんと主治医が廊下で話していました。

     

     

    「先生、今日はお休みなのに朝早くからわざわざ来て頂いてありがとうございました。

    (看護師さんに)昨日はキツイ言い方をしてごめんなさい。」と謝罪しましたm(_ _)m

     

     

    ええ、奥さん!一応、大人ですから。。。ね!kamuleケロケロ〜

     

     

    あとそれとね、、、

    □■やはり医者も看護師も人間なので感情があるでしょう?

    ここだけの話、やっぱりちょっと影響出てたんです!!! 昨日、看護師さんが泣いて

    からは・・・それまではアラーム音が鳴ったらすぐに看護師さんが病室に来られて

    たのが、来られませんでした!!!あれれ???いつもなら「どうされました?」なのに

    一向に病室にはこられません!!!中から様子を伺うと・・・看護師さんはおられます病院あせ

     

    □■1週間ICUに朝から夜中からずっといると私も妹も少し慣れてきてて・・・

    救急が入られた時は確かに看護師さんたちは夜勤は人が少ない(=3人)ので大変なの

    ですが、昨夜は比較的穏やかな夜勤だったんです!!!泣いた看護師さん以外の人も

    様子をみにはこられませんでした!!! それまではそんなことなかったです!!!

     

     

    (も・もしかして・・・わざとこなかったん???)

     

     

    二人で、顔を見合わせて・・・

     

    「こ・こっわぁ〜〜〜」冷や汗冷や汗

     

     

    アカンアカンアカン、弟はまだ退院してへんねんから〜〜〜

     

     

    kamuleコレ、内緒やで)

     

     

     

     

    病院   病院   病院

     

     

     

    こんな感じで、こんなそんなはいろいろありましたが、、、

     

    思うところはあるけれど、、、 まっ、とりあえずはなんとか落ち着いたかな? と、

    私と妹は少しほっとしてて、弟も落ち着いてる状態で交代の看護師さんも来られたので

    少しお願して二人で夜勤明け(付添明け)の缶コーヒーでもとコンビニに行きました!

     

     

    二人でほっこりコンビニまで行き、缶コーヒーを立飲みしてからトイレに行くと。。。

     

    私の携帯電話が鳴りました!!!(・・・こんな朝早い時間に誰???)

     

     

    出ると・・・、今朝交代された看護師さんからです!?

    まだ15分程しかたってないけど・・・何かあった???

     

     

    「あのぉ〜、今どちらにおられますか?すぐにICU室に戻ってきてもらえませんか?汗

     

     

     

     

    ええ、奥さん・・・

     

     

    一難去ってまた一難ですぅぅぅ唖然撃沈困惑

     

     

     

    今度こそ大事件が起きたんです!!!

     

     

     

     

    つづく

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Entries

    Comment

    Catebories

    Archives

    Links

    クリエーターズバンク

    blogram

    blogram投票ボタン

    Profile

    Search

    Ohters

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM