☆令和元年11月10日・11日出雲旅行から1週間!その後、HSPのワタシ! - 2019.11.17 Sunday -

0

     

     

     

     

    ちょうど一週間前の11/10の今頃は新幹線の中でしたね(遠い目)

     

    あっというまの旅行で、あっというまの一週間でした!!!はやっ

     

     

     

    この6年振りの出雲旅行のことはもうひとつのブログにアップしました!

     

     

    ♡『6年振りの旅行!初めての出雲大社! その1』は、こちら

     

    ♡『6年振りに旅行!初めての出雲大社! その2』は、こちら

     

    ♡『6年振りの旅行!初めての出雲大社! その3』は、こちら

     

     

     

    この6年振りの旅行のことは三部作で全部アップしたのですが・・・・・

     

    今日は旅行後のことをもう少しアップします!どんだけ〜〜ですね(笑)

     

     

     

    まぁ〜・・・それだけ今の私にとっては大きなことだったというこです☆

     

     

     

     

    今回の旅行はあゆみさんがきっかけとなりましたが・・・、もし彼女から

     

    お誘いがなくても今秋にはもう少し近場でも・・・そう!6年前最後の旅行

     

    となった有馬温泉にまたまた旦那と妹とでもいいから行きたいとは思っ

     

    てました!もう自分で行動するしか打開策はないなぁ〜と感じてたので。

     

     

     

     

     

    ところで、

     

    私のブログはどれほどの人がみられてるのか分かりませんが・・・

     

    なんか違うなぁ〜とかあまり共感はできないなぁ〜とかちょっと

     

    反発を覚える等々思われたらスルーして頂けると助かります^^;

     

     

     

     

     

    この6年間旅行にも行けなくなったのは結局は全部自分だと思いますが・・・

     

    やはり HSPなのが大きいと思います!!!

     

     

     

    6年前・・・2013年秋 旦那と妹と三人で有馬温泉旅行に行ったあの頃は

     

    自分がまだこのHSP気質だと知らないときで・・・、いや、HSP事態を

     

    知らなかったです!(知ったのは確か2014年末から2015年始頃です)

     

     

     

     

    HSPをご存じない方に下記リンク先が分かりやすく説明してあるので参照ください

     

    https://www.shinjuku-stress.com/column/psychosomatic/hsp/

     

     

     

     

    ここからは、上記リンク先より少し抜粋して紹介させて頂きますm(_ _)m

     

     

    HSPとは〜敏感すぎて傷つきやすい〜

    生きづらさを感じたことはありますか?

     

    みなさんは「HSP」とは何か、ご存じでしょうか?

     

    英語では、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)といい、「ひといちばい繊細な人」という意味で、この頭文字を取ってHSP(エイチエスピー)と言います。

     

    これは90年代のはじめ、繊細な人についての研究をはじめたエレイン・アーロン(Elaine Aron)博士によって付けられた「人の気質」を表す名称です。

     

    アーロン博士によると、人口の約20%の人はHSPだといいます。また、人に限らずコバエ、鳥、魚、イヌ、ネコ、馬、霊長類など、100種類以上の動物に同じ気質が見られることから、「繊細さ」は生きとし生けるものすべての生存本能「生き残るための戦略のひとつ」であると考えられています。

     

    ですが、こうした気質を持つ人は職場や家庭など生活の中で気疲れしやすく、生きづらいと感じている方が多いのです。

     

     

     

     

    私は子供の頃から”自分の繊細すぎる部分”がずっと気になっていました!

     

    家族や友達からは”気にしぃ〜(気にし過ぎる)とか繊細”と言われてて、

     

    親からは”神経質”ともよく言われてソレをまた気にしていました(苦笑)

     

     

     

    HSPの特徴

    HSPの方は、周囲の状況にとても敏感です。

    アーロン博士によると、HSPには「DOES(ダズ)」と名付けた4つの特性があるといいます。

    【Depth of processing】考え方が複雑で、深く考えてから行動する

    • 一を聞いて、十のことを想像し、考えられる
    • 調べ物をはじめると深く掘り下げ、その知識の広さを周りに驚かれる
    • お世辞や嘲笑をすぐに見抜いてしまう
    • 物事を始めるまでにあれこれ考え、時間がかかる
    • その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なものごとに興味があり、浅い人間や話しが嫌い

     

     

     

    私そういえば昔からよく言ってました!一を聞いたら十理解しなアカン!って!!!

     

    (最近は額面通りではなく行間を読むように、講習では講師の本音をって言ってた)

     

    興味あることはどんどん調べて深く掘り下げるし、お世辞や嘲笑はすぐ分かるし、

     

    よく人からはいきなり行動してるように見られますが実は事前にかなり考えてる、

     

    最後のはほんとそう!生き方や哲学的なもの興味があるし浅い人間が少し苦手だっ

     

    たりします・・・ええ、ええ、5つとも全部ぴったりとあてはまるのですぅぅぅ!!!

     

     

     

    【Overstimulation】刺激に敏感で疲れやすい

    • 人混みや大きな音が苦手
    • 友達との時間は楽しいものの、気疲れしやすく帰宅すると、どっと疲れている
    • 映画や音楽、本などの芸術作品に感動して泣く
    • 人の些細な言葉に傷つき、いつまでも忘れられない
    • 些細なことに過剰なほど驚いてしまう

     

     

     

    これも昔からで人酔いするし大声出す人や大きな音にビクッってしてしまう

     

    友達とは楽しい時間を過ごしてるはずなのに、帰るとぐったりは毎回してて

     

    そうそう!映画や音楽、本、芸術作品には大袈裟なほど感動して泣くことも

     

    多い!そして、なによりコレですね、、、人の些細な言葉に傷つきます!!!

     

    最後のは妹や友人によく”びっくりしぃ〜(驚き過ぎ)”と言われてます^^;

     

    ええ、これも5つとも全部あてはあまりますぅぅぅ。。。

     

     

     

    【Empathy and emotional responsiveness】人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい

    • 人が怒られていると自分のことのように感じ、傷ついたり、お腹が痛くなったりする
    • 悲しい映画や本などの登場人物に感情移入し、号泣する
    • 人のちょっとした仕草、目線、声音などに敏感で、機嫌や思っていることがわかる
    • 言葉を話せない幼児や動物の気持ちも察することができる

     

     

     

    学校や職場でもよく人が怒られているのに気づけば自分の眉間にシワが入り

     

    うっってなっていました!映画や本の登場人物に感情移入し号泣はもちろんで

     

    人の仕草や目線、声音や変化には超敏感でいくら隠されても誤魔化されてもほぼ

     

    気づいてしまいます(なのでよく気づいてないフリもしています)そして、そし

     

    て、なんでわかるの?って思ったのが最後の子供や動物の気持ちを察するです!

     

    そうか、コレもHSPの特徴なのかぁ〜ということでこれも5つ全部ですねぇ!

     

     

     

    【Sensitivity to subtleties】あらゆる感覚がするどい

    • 冷蔵庫の機械音や時計の音が気になってしまう
    • 強い光や日光のまぶしさなどが苦手
    • 近くにいる人の口臭やタバコの臭いで気分が悪くなる
    • カフェインや添加物に敏感に反応してしまう
    • 肌着のタグなどチクチクする素材が我慢できないほど気になる
    • 第六感がはたらき、よく当たる

     

     

     

    起きてる時はそれほど気にならなくても・・・いや、時々起きてても妙に気に

     

    なってるか!?冷蔵庫の機械音や時計の音が。。。強い光や日光のまぶしさ

     

    も苦手なほうで、もちろん!口臭やタバコの臭いは気になりよく気分も悪く

     

    なるなぁ〜、カフェインはコーヒー飲むけど^^;でも添加物には反応してる

     

    なぁ〜、そうそう!昔からチクチクする素材が超苦手でタートルも苦手〜!!!

     

    最後の第六感はよく働くしよく当たります!これも5つとも全部ですねぇ〜

     

     

     

    ということで、

     

    やはり私はこの4つの項目は全部当てはまりました(@.@;

     

     

     

     

     

    この他、絶対的に一人の時間が必要な人、子供のころ親や先生に「繊細」「人見知り」と評価されやすかった人もHSPの可能性が高いといえるでしょう。

    しかしながら、アーロン博士は4つのうち1つでも当てはまらない人はHSPではない、と定義しています。例えば、4つのうち3つに当てはまっていたとしても、1つはあまり当てはまらないと感じるなら、あなたは「HSP=人一倍繊細な人」ではなく、性格的に「内向的な人」の可能性が高くなります。

     

     

     

     

    はい!これも私は当てはまります!!!

     

    子供の頃から一人の時間が必要な人だったし、親・友人から「神経質」「敏感」「デリケート」

     

    等言われてきました!(そう言われることをまた気にしていました⇒大らかな楽天的な性格に

     

    なりたいと)私は、4つ全部が当てはまるので「HSP=人一倍繊細な人」だと思います!!!

     

     

     

     

     

     

    2013年末〜2014年春にかけて・・・

     

    私は精神的なストレスに耐えられない状態となり、今回 その1の記事 にも書いた

     

    ように・・・、人に迷惑がかかるほどの乗り物酔い・人酔いが起こり、人と一緒じゃなく

     

    てもご近所の道端で初めての過呼吸にもなり、プチ引きこもりするようになりました。

     

     

     

     

    子供の頃より繊細なタイプでしたが、このようになったのは初めてのことで自分でも

     

    驚きました!!!私は「HSP」ですが少し変わったタイプなのかもしれません!

     

    子供の頃より人見知りではなく、どちらかと言えば外交的で社交的でもあったので

     

    いうなれば「HSPの社交派タイプ」で、少数派なタイプではないでしょうか!?

     

     

     

     

    敏感なんか行動的なんかどっち???

     

     

    ・・・両方なんですぅ〜

     

     

     

    ここが少しやっかいで・・・

     

     

    ややこしい。。。

     

     

     

     

    HSPは病気ではありません

    HSPという名前だけを聞くと何かの病気と思われがちですが、これは病名ではありません。

     

    HSPの繊細さや敏感さは生まれ持った「気質」です。

     

    気質とは、その人が生まれながらに持っている感受性や気分の傾向などを指す心の特徴で、環境などに影響される性格と違って後天的に変えることはできません。

    HSPは非HSPの人と比べて、脳内の神経が高ぶりやすい傾向にあります。

     

    ストレスを感じやすいHSPの人はもともとストレスを処理する「扁桃体」が活発で、不安や恐怖を感じ取りやすいのです。さらに、激しい感情などが起こったときに分泌される「ノルアドレナリン」や、俗にストレスホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」も非HSPの人に比べて分泌されやすいため、さまざまなことを警戒し敏感に反応してしまいます。

     

    また、発達障害やうつ病、アスペルガー症候群(ASD)ともまったく違います。しかし、どこか似たような特徴が現れるため、誤解もされやすいのが現状です。

     

     

     

     

     

    プチ引きこもりをしてた時期。。。

     

    もしかして私は”うつ病”?と一瞬思った事もありました!実際、ある人に言われ

     

    ました!「心療内科に行った方がよくない?」と。でもその人と会って話してる

     

    時は、一時の自分でもうつかも?と頭をよぎった時よりかなり回復してたので、

     

    結局心療内科にも精神的なカウンセリングにもどこにも行っていません!どこか

     

    でなんとなくわかっていたんですよね!

     

     

     

    これは(この状態は)いずれ抜ける!って。。。

     

     

    ただ、自分が思っていたよりもその時期が長かったけど(苦笑)

     

    2〜3年沈んだらまた浮上するって思ってたのに、倍の5〜6年もかかるとは!?

     

     

     

     

     

    HSPとうつ病の違い

    HSPのセルフチェック

    HSPのセルフチェック

    似たような症状が現れるHSPとうつ病。

     

    うつ病によく見られる、「眠れない」「疲れやすい」「気分が落ち込む」「自信が持てない」などの特徴がHSPにも見られるためです。大きく違うのは、うつ病にはそれらの特徴に合わせて「自殺願望」が加わること。

     

    また、以前は違ったのに物事の感じ方が変わり、落ち込みやすくなったという人はうつ病の可能性があります。HSPは生まれついての気質なので、“以前”が存在しません。

     

    HSPについては、以下の「日本版HSP尺度(HSPS-J19)」を参考にしてみましょう。

    「日本版HSP尺度(HSPS-J19)」は、何個以上だとHSPという線引きではなく、項目に当てはまるのがHSPという目安のチェックリストです。

     

    • 大きな音や雑然とした光景のような強い刺激が不快で、わずらわしいと感じる
    • 忙しい日々が続くと、暗い部屋やベッドなどのプライバシーが得られる場所に逃げ込みたくなる
    • 他人の気分に左右される
    • 短時間しなければならないことが多いと、気が動転してしまう(オロオロするなど)
    • 生活や環境に変化があると混乱する
    • 子どものころ、親や教師から「内気だ」や「敏感だ」と、見られていた
    • 美術や音楽、芸術に深く感動する
    • 繊細な香りや味、音や音楽が好き
    • 一度にたくさんのことを頼まれるとイライラする
    • ビクッとしやすい

     

    HSPは気質なので、HSPを治す、ということは不可能です。

     

    HSPであれば自分の気質とゆっくり向き合い、うつ病であれば医師の指示のもと正しく治療していきながら、ご自身についての理解を深めていきましょう。

     

     

     

     

     

    多分、私は限りなくうつと似たような症状が出てたと思います!!!^^;

     

    人前ではコントロールしていましたが、家族(旦那と妹)の前ではかなり

     

    精神状態が不安定で二人には心配もかけていたと思いますが、二人のいい

     

    ところは必要以上にそれを出さないところでした。そっとしていてくれると

     

    いうかニュートラル・・・う〜ん、自然というか普通だったのです。私はかな

     

    り変だったのに、二人はそれまでと同じように接してくれていたのです♡♡

     

     

     

    多くの人は少し気を使うというか・・・

     

    腫れ物にさわるというか・・・そんな感じがHSPの私にはすぐにバレて

     

    しまいます!気を使わせてしまってるって(苦笑)こんな時にまですぐに気

     

    づいてしまう自分のこの感性【性質)がほんと困ったもんでしたぁ〜(@.@;

     

     

     

    それが『仕事』となると、自分をコントロールしやすくて良かったです!

     

    プチ引きこもりではなく、仕事も休んで本当の引きこもりだったら、まだ

     

    私は回復していないと思います。それどころか、多分・・・うつ病にもなって

     

    いたでしょう。。。

     

     

     

     

    家族とナチュール(仕事)があって本当によかったです!

     

     

     

     

     

    HSPはうつ病を併発することも

    HSPの人は、学校など幼少期のコミュニティでも生きづらさを感じています。社会人になって組織の中で働きはじめると、さらにその辛さが増していくでしょう。

     

    もともと脳内に高すぎるほどのアンテナを張ってあらゆる情報を感じ取っているHSPの人にとって、複数の仕事を短時間で達成するよう要求されることはこれ以上にない負担です。

     

    パニックになってミスが増えたり、人一倍強い「頼まれごとを断ってはいけない」という思い込みで仕事を抱え込んだりしてしまうことも。

     

    何より怖いのは、「生きづらいのは弱い人間だから」と自分を責めてしまいやすいところです。

    こうした気持ちは時を追うごとに睡眠障害やパニック症状へとつながり、やがてうつ病へと進行してしまう可能性があります。

     

    例えば、「1日中憂うつな気分が続いている」「何に対しても興味や喜びが持てない」といった症状が2週間以上続いている場合は、うつ病を発症している可能性もありますので、お早めに精神科や心療内科に受診することをお勧めします。

     

    HSPの人は、繊細な気質なゆえにうつ病になりやすい傾向があります。

    うつ病は早期発見が早期回復につながります。一般的にうつ病が深刻化すると、もとの元気な状態に戻るまでに時間がかかるといわれています。だからこそ、鬱っぽい症状が続いた時は、精神科や心療内科の専門医に早めに相談することが大切です。

     

     

     

     

     

     

     

    そして、

     

    家族以外にも、私がこんな状態の時でも受け入れてくれる人

     

    っているもんなんですよね♡♡♡ ねっ、あゆみさん!(笑)

     

     

     

    2013年8月に彼女と出会った頃、私はもう限界に近いご予約が入り始めた頃

     

    で・・・、秋には定休日返上で対応しても3ヵ月先までご予約がいっぱいとなり

     

    その状態の私をご存じです!翌年春に限界がきて、その後はゆるゆるペースで

     

    お仕事をして、仕事以外はプチ引きこもり状態となりました!(仕事以外では

     

    人とも会えない、乗り物酔いが超酷い状態になり出かけられないので徒歩圏内

     

    の買物だけとなった日常生活でした)少なくとも2014年春〜2015年春まで。

     

    その後は徐々にましにはなっていきましたが・・・それでもまだまだ遠出はでき

     

    ない状態でした。あれから気づけばもう6年です!あゆみさんと出会ってから

     

    ちょうど同時期に私に起こった大きな大きな出来事でした。。。

     

     

     

    ☆あゆみさんとはご縁があるんでしょうね☆

     

     

     

    今回の旅行は、ほんと私にとっては一種のチャレンジでした!!!なんていうと、

     

    少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、ほらっ!ねっ、私はHSPさんなので

     

    分かるでしょう?(笑)すべて大袈裟チックになる気質なんですってばぁ〜!!!

     

    上にそう書いてあったやぁ〜ん!!!(笑)

     

     

     

     

    でもあゆみさんはきっとこう言うでしょうね

     

     

     

    「えっ!あさこせんせい、そうでしたぁ〜?」

     

     

     

     

    すんばらすぅ〜〜〜!!!(拍手)

     

     

    HSP気質の人にとってこういうのが一番なのですよね

     

     

     

    彼女は決して無神経でも鈍感な訳でなくて、あえてそうされているというか、

     

    自然というか、ここがまた厄介でね、ほらっ!私の場合すぐ気づくから〜〜〜

     

    やってます感というか 今、気使ってます感 が伝わるとアカンのですぅぅぅ

     

     

     

    ねっ、ムズイでしょう???

     

     

     

    あくまでも自然に

     

     

    いや、なんやったら少し天然気味がいい

     

     

     

    天然でもまったく通じない感ではアカンし・・・

     

     

     

    もちろん!私が元気な状態の時はこんなの全然いいんですよ!!!

     

    ただ今回のように弱ってる時は、こういう人でないと無理でしたね!

     

    お仕事は全然どんな方でもいいのですが、プライベートまでお付き合い

     

    するとなるとです!!! 旅行はそのもっともたるものですから!!!

     

     

     

     

     

     昔の私はそんなの関係ねぇ〜〜〜

     

    って感じでどこへでも誰とでもOKでした!!!(←HSPなのに???)

     

    元気だったのとやはり若かったのでしょう(笑)若くても元気でも毎回フラフラ

     

    はなっていましたけどね!!!・・・無理しないと出かけられないし・・・仕方ない

     

    と思っていましたが、今回久しぶりに旅行へ行ってみてやっぱり気の合う人と

     

    出かけたほうがいいってしみじみ思いました♪♬(もう若くないしね・笑)

     

     

     

     

     

    昨日、あゆみさんと旅行後初めて会いました♬

     

     

     

    「あさこせんせい、旅行楽しかったですねぇ〜♪

     

    私、(旅行の)思い出し笑いしてましたぁ〜♡

     

    また三人で旅行に行きたいですね!」って^^

     

     

     

    彼女からメールは頂いていましたが、会って顔を見て同じこと

     

    を聞くと、やはり社交辞令ではないって伝わります!!!

     

     

     

    あぁ〜・・・このひとほんまにそう思ったはるわ〜♡♡♡

     

     

     

     

     

    今回チャレンジでもあった旅行から1週間後、無事に旅行に行けたことだけでも

     

    十分満足できていたのに、こんなにステキな言葉を頂き 心がすごく暖かくなり

     

    それは魂にまで響き 癒され とても優しい気持ち になりました! ええ・・・

     

    HSP気質のため 勝手に人の些細な言葉に傷つき落ちていたのが 人の優しい

     

    心ある温かい言葉に救われる HSP気質だからこそ 感激してしまいます(笑)

     

     

     

     

     

     

    ありがとう

     

     

     

     

     

    あっ!妹も三人旅行楽しかったって言ってます♫

     

    ということで、来年2020年もこの三人で旅行に行くことにしました☆☆☆

     

    二人は私とは違って「HSP」ではありませんがすごく心地いい空間でした!

     

     

     

     

    今後も私のこのHSP気質は変わりませんが、自分で理解できてるだけでも

     

    全然違うと思うので。。。

     

     

     

     

    多分、もう大丈夫です(希望)

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Entries

    Comment

    Catebories

    Archives

    Links

    クリエーターズバンク

    blogram

    blogram投票ボタン

    Profile

    Search

    Ohters

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM