私は、HSP/HSSです!1 - 2019.11.19 Tuesday -

0

     

     

     

     

    あぁ〜・・・すっかりスイッチ入ってしまいましたぁ〜(苦笑)

     

     

     

    あぁ〜またです!また・・・

     

     

     

     

    このブログで こちら をアップ後、止まらず・・・もうひうとつのブログで

     

    その続きをアップして こちら 。。。ええ、そこからすっかり私のモード

     

    は、 HSP/HSS の毎日です(笑)

     

     

     

    こういう所なんですよねぇ〜〜

     

    他の人とは少し違うなぁ〜と感じるのは・・・

     

     

     

    まだ自分がこういう気質と理解するまでは、よく人から「ハマリやすいね」

     

    と言われると「そうやね〜ん」と明るく応えてはいましたが・・・いつも軽い

     

    違和感を覚えていました!

     

     

     

    今・・・多分、私は褒められていないよね?

     

    ちょっと自分とは違う・・・異質って感覚よね?

     

    ということは、私はやっぱり”異質な人”なん???

     

     

     

     

    ◎これは10代の頃より50代になった今までずっと感じてることです!

     

     

    私が私らしくすればするほど感じる・・・この異質感。。。なので、

     

    少し周りの空気をよみ合わせてると、相手から感じる異質感はなくなる

     

     

    ”私はこういう処世術が身についてしまってる”

     

     

     

    でもやはりどこかで自分を抑えてるので定期的にもやもやがやってくる

     

    そんな時に自分を解放してみると・・・周りに驚かれる!!!(苦笑)

     



    別に周りに驚かれようと、異質と思われようと

     

    気にしなかったらええやん!!!

     

     

    (※妹によく言われています!「気にしぃひんかったらええねん」と・苦笑)

     

     

    ですが、HSP気質の人はどうしても人の言葉が気になってしまう性質です!

     

     

    もうこんなやっかいな自分に手を焼いていました。。。ずっと。。。ずっと。

     

    自分の事は基本好きですが、こういう部分(気にし過ぎる)が嫌いでした!!!

     

     

     

    子供の頃からこんな感じでやってきたので流石にもうええやん!と自分でも

     

    思っています。HSPは病気ではなく気質なので治るとかではないので

     

    この気質をもっと自分で受け入れて、自分の特性として活かしていけたら

     

    いいなぁ〜と思うようになりました!ええ、もう私も50代半ばですからね!

     

    いい加減に切り替えないと今世が終わってしまいますから〜〜〜(@、@;

     

     

     

     

    この気質(HSP/HSS)を受け入れて

     

    自分の特徴として活かしていくためにも

     

     

    この『ほったいむ』でしばらく(・・・気が済むまで・笑)掘り下げ作業をする

     

    ことにします! ※「食べることは生きること」はこれが終わってからです

     

     

     

     

     

    ★    ☆    ★    ☆    ★

     

     

     

     

     

    ♡「HSPちゃんねる」さんより紹介させて頂きますm(_ _)m

     

    https://hsp-channel.com/2018/11/27/hsphss-mix/

     

     

     

     

    HSPとHSSの両方が混合

    している原因は?

    真逆の性質なのになぜ?

     

     

    繊細でひとり静かに過ごすことを好むHSPと刺激を求めて外へと出かけるのが好きなHSS。

    HSPとHSSという正反対の性質が、どうしてひとりの人間に混在しているのでしょうか?

    この記事ではその原因を脳内ホルモンや遺伝子、環境要因の観点から見ていきます。

     

     

     

     

    ドーパミンとセロトニンが性格に影響を与えていた!

    HSPの例外とさえ思えるHSP/HSS。

    どうしてひとりの人間に真逆のHSPとHSSが混合しているのでしょうか?

    これは、神経伝達物質のドーパミンとセロトニンの影響が複雑にからんでいるからだと思われます。

    ドーパミン

    HSSの好奇心旺盛な性格は、主にドーパミンの影響が大きいと考えられます。

    ドーパミンは興奮型の神経伝達物質で、好奇心や物事への意欲を司る「快感を感じるホルモン」の代表格です。

    セロトニン

    一方、HSPの内向的な面はセロトニンの影響によるものでしょう。

    セロトニンは抑制型の神経伝達物質で、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。

    ドーパミンをコントロールする役割も果たしており、セロトニンが活性化されていると共感脳となり、人の気持ちがよくわかると言われています。

     

    このドーパミンとセロトニンの割合や遺伝子の配合は人によって異なるのですが、性格にまで影響を及ぼすことが研究によりわかっています。

     

     

    相反する性質が混合するのは、どちらか一方の特徴がある、ないというわけではなく、両方の特徴(ホルモン)を保持しているためその配合によって現れ方に差異がでてくる、と考えるのが自然なのではないでしょうか。

     

     

     

     

    へぇ〜〜〜なるほどねぇ〜〜〜

     

    ドーパミンとセレトニンの割合により違いがあるんやねぇ〜

     

     

     

     

    遺伝子の影響が現れるパターンや強弱は人それぞれ

    hsphss-clone

     

    双子やクローンのように同じ遺伝子を持っていても、環境やストレスの感じ方などで遺伝子の影響が現れるか否かは異なってきます。

     

    同じHSPでも感受性の鋭さに強弱があるように、内向的な面が強い人と外向的な面が全面に出やすい人がいるのはそのためです。

    これは、遺伝子の組み合わせと環境による影響がそれぞれ複雑にからみあっているからなのです。

     

     

    環境によってHSSの面が育まれたケース

    HSP/HSSでも大家族で育ったり、寮生活やシェアハウスでの集団生活の影響が大きかった場合、HSSの面が強く働くようになります。

     

    これは、幼少時に内向的な性格でいることが許されない環境下にあった場合も同様のことが言えます。

    しつけに厳しい両親のもとで育てられた場合、親の理想とする子どもであろうとしたHSC(HSPの子ども。CはChildの略)は、明るく活発な振る舞いをする必要があったため意識的にHSSの面を強化せざるを得なかった、というわけです。

     

     

    まとめ

    HSPは感受性が鋭いがゆえに、自分がおかれている環境の影響をもろに受けてしまいます。

    幼少期に置かれた環境によって、後の性格形成に大きな影響をあたえることは容易に想像できます。

    HSPとHSS、どちらの面が際立って現れるか、全く現れないかは、その人自身がもつ遺伝子と環境による影響が大きく関わっているのです。

    (※もともと備わっているHSP/HSSの気質は変わりませんが性格は環境によって影響されてきます。)

     

     

     

    そうか。。。

     

    うちは大家族やったもんねぇ〜

     

    一応、本家やったからいつも親戚等がやってきてたし・・・

     

    そりゃ、環境的にはHSSの面が強く働かざるをえなかったかなぁ〜

     

     

     

     

     

     

    つづく

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Entries

    Comment

    Catebories

    Archives

    Links

    クリエーターズバンク

    blogram

    blogram投票ボタン

    Profile

    Search

    Ohters

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM