私は、HSP/HSSでエンパスです!2 番外編 - 2019.12.03 Tuesday -

0

     

     

     

    『私は、HSP/HSSでエンパスです!1』は、こちら

     

     

     

     

    ◎1996年アーロン博士がHSPの概念を考案し世の中に広まった時は・・・

     

    私が31歳の頃で、私がこのHSPという概念を知ったのは49歳でした。

     

    私はこの概念を世に出てから18年経ちやっと知ることが出来ました^^;

     

     

     

     

    それまではまだ知られていなかった HSP という概念。。。

     

    それから20年以上経ってやっと最近では世間にもこの概念が知れ渡ってきた

     

    感じですが、、、まだ5年前私が初めて知った時はここまで世間に認知されて

     

    いなかったです。HSP気質の人の間で知る人ぞ知るって感じで・・・ましてや

     

    非HSPの人にはまだまだって感じだったので、私も少し様子見をする感じで

     

    このブログともうひとつのブログで記事をアップし反応をみてみました!!!

     

     

     

    って、、、

     

     

    別に誰に迷惑を描けるわけでも無いので、世間の反応がどうのこうのではなく

     

    自分が書きたい記事を書けばいいだけのことですが、そこがやはりHSP気質

     

    の特徴とでもいいましょうか、周りの反応を気にしてしまうところがあります!

     

     

     

    が、

     

     

    それならブログのような公開日記で書かずに自分の知識として持ってればいい

     

    だけだと思われるでしょう?そこがまたやっかいなことに、私は HSS

     

    なんですよねぇぇぇ(苦笑)このHSS型HSP真逆な要素を

     

    もっていて、しばしば妙に行動的になってしまう訳で・・・自分でもややこしい!!!

     

     

     

    気にしてるんか、してないんかどっち???

     

     

     

     

    その上に、更に・・・

     

     

    もうひとつ少数派要素の エンパス ときたもんやから・・・

     

     

    もう何がなんやら〜〜〜 HSS型HSPでエンパスとなると、自分でも自分のこと

     

    がよく分からない感じでした!!!繊細で気にしぃ〜やけど、社交的で行動力があり

     

    そして妙に感が良いので直感で見抜いて(気づいて)しまう・・・ってどうよぉ〜〜〜

     

     

     

     

    こんなもやもやした状態を長年ずっと抱えていました!!!

     

     

    この”HSPやHSSやエンパス”を知る5年前までは!!!

     

     

    初めて知った時は・・・本当に目の前がパアーと明るく広がっていき

     

    進む道が見えてきたように感じました!それまでのもやがかかった

     

    目の前からどんどんそのもやがはれていき、天からは明るい光が降

     

    りてくるような・・・そんな感覚でPC画面に向かっていました!!!

     

     

     

    もしかしたら・・・

     

    少し声も出していたかもしれません(笑)

     

     

    わぁ〜・・・♡

     

     

     

    偶然辿り着いたブログ記事でしたが必然だったんでしょうね☆☆☆

     

     

     

    でも、、、

     

    この自分的にはすごい画期的なことでしたが、この自分の得た感覚を

     

    今ほどブログ記事に熱く熱く暑苦し〜く書かなかったのは・・・、または

     

    まるで出稼ぎ労働者のように掘り下げ作業をしなかったのは・・・、これ

     

    もまたどこかで”私の独自のセンサーが働いていた”気がします!!!

     

     

     

    HSP気質やエンパスのかたならこういうセンサーって解るでしょう?

     

     

     

    よく回りからは

     

    すぐ行動する イキナリ行動する 思い立ったらすぐ行動してる 等

     

    言われたりしますが、全部本当ですが(笑)実はじっくり考えていたりも

     

    します!このすぐ行動できるということには、それまでの(あくまでも

     

    自分比ですが)莫大な?観察&洞察により入手した情報をもとに瞬時に

     

    判断した結果なんですが・・・これはもう自分でもそこまで考えていない

     

    感覚で動いていたりするので・・・人には上手く説明できませんでした!!!

     

     

     

    多分、非HSPのひとが想像するより・・・

     

    一歩家を出るとすごく周りを観察していて

     

    洞察しているので、毎日相当疲れています

     

     

     

    そ ん な 気 質 の 人 な ん で す

     

     

     

    コレを人に説明しても少しキョトンとされるだけなので・・・

     

     

     

    考えるより行動

     

     

     

    と生徒さんたちに声高高に言ってた時期もありますが、、、

     

     

     

     

    正直、私自身は相当考えていましたし今も考えています(笑)

     

     

     

     

    考えて考えて考えてよく分からなくなっています^^;

     

    疲れ果てて・・・気がゆるみ・・・リラックスした時に・・・

     

     

     

    直 感 が 降 り て く る

     

     

     

    そんな感じでしょうか?

     

     

     

    その直感が降りて着たら 迷いなくすぐ行動 してるので

     

    やはり周りからはすぐ行動してる部分だけが表に現れているから

     

    (考えまくってるのはいつも一人の時です)、そう映りますよね!

     

     

     

     

     

     

     

    はてさて、さて、、、

     

    本日も私よりもっともっとうまく文章で説明されているこの方の記事↓

     

    をシェア&ご紹介させて頂きますm(_ _)m

     

     

    http://dream.navi.ryukyu/hsp-and-empath2/

     

     

     

     

     

     

    【HSPとエンパス◆

    感じやすくて共感しすぎてしまう人たちへ☆HSSとエンパスの分類

     

     

    あなたは、こんなことで苦しんでいる人ではないでしょうか?

    • なんてことのない生活音が気にさわる、雑踏にいると耐えがたい臭いがするなど、日常のささいなことに感じやすいHSP(Highly Sensitive Person:感受性が高い人)。
    • 親しくない人にまで反応し、共感してしまうエンパス(Empath:人の悲しみを自分に取り入れる人)。

    どちらも、自分をコントロールすることが困難です。

    人からは、繊細で優しいと評価されますが、そこには微妙な温度差があります。

     

    • HSPには、敏感なのに刺激を求めてしまうタイプ(HSS)もいます。
    • エンパスには、苦々しい気持ちで善行をしている人もいます。

    でも、そんな自分にただ困り果てているだけでは、精神的に安定している時間が少なくなり、

    自分はダメ人間・・・

    という劣等感につながります。

     

    しっかり対策をすれば、HSPやエンパスとして生まれたメリットを生かし、社会にも還元することができるのです。

     

     

    HSPの自己対策

    視覚や聴覚など、いわゆる五感のどれか、もしくは全部が、生まれつき敏感なHSP(第六感に関しては、後述のエンパスになります)。他の人は気にならないようなことも、ひどく気にさわります。それは、たとえるなら痛みと同じくらいの強さです。

     

    前回お伝えしたように、音が気になるならウォークマンや耳栓、眩しさに敏感ならパーカーのフードやサングラス、臭い対策にはアロマグッズなどが有効な対策です。あらかじめ感じやすい器官をガードしておけば、疲労でぐったりしなくてすみます。とくに、気に入ったフェイスタオルは万能です。

     

    HSPの課題は、その場の雰囲気や空気を察知しすぎることです。大声で誰かを怒鳴りつける上司がいるような職場環境は、HSPには苦痛です。いてもたっても、いられなくなるでしょう。たとえ、怒鳴られている本人は動じていなくて、心の中では舌を出していても。怒鳴り声で振動する空気圧、怒っている人特有の汗の匂い、部下の白けた返事の声質や掠れ具合、雰囲気そのものが耐えられないのだから、五感に取り入れ過ぎないことが大切です。感じやすい器官をガードしておけば、「雰囲気に圧倒される」という事態を避けられます。

     

     

    HSS(High Sensation Seeking:刺激を求める人)

    HSPには、HSS(High Sensation Seeking:刺激を求める人)という、正反対の特性が混じっている人もいます。

    刺激に弱いくせに、刺激を求めるのです!

     

    • 食器がぶつかる音が痛いほど苦手なのに、航空ショーの爆音は大好き。
    • 蛍光灯が眩しくてたまらないのに、クラブに通って光の点滅に恍惚とする。

     

    まるで、感性の振り幅を極端に広くすることで、その帳尻を合わせようとでもするかのように。

     

    このタイプは、慣れた環境で静かに暮らすことに、退屈を感じます。

     

    いつしか新しい環境に吸い寄せられ、そこでまた、自分の敏感な感覚に右往左往する、めんどくさい人です(わたしです)。

     

     

    HSPのメリット

    HSPの自分とうまく付き合えるようになると、思いもかけないメリットを味わうことができます。

    • (とりこし苦労も含めて)あらゆる可能性を考えて行動し、場面を感覚で記憶するため、緻密なデータ分析や、原因の究明は得意になるでしょう。
    • アートや独創性を求められる職業は、セーブしていた感覚を自由に解きはなてるので、心地良いはずです。
    • 食材や衣類を選ぶとき、体に害のあるものが直感的に分かります。

     

     

     

    最近になってやっとこの”HSPのメリット”にも意識がいく

     

    ようになってきました!自然とやってきている緻密なデータ

     

    分析や原因究明は確かに役立っていますし、アート作品制作

     

    には随分と助けられてもきました!最後の項目は・・・まだまだ

     

    な部分もありますが、、、多分私は基本薬をあまり飲まないの

     

    はこういうことでしょうね(苦笑)

     

     

     

    そして、いよいよ次はエンパスの分類です!!!

     

    ↓    ↓    ↓

     

     

     

    エンパスの分類

    本当は、エンパスを「共感」というヒトコトだけでまとめるのは、無理です。

    共鳴、共振、調和などのニュアンスも含んでいます。

    エンパスの代表的なタイプを分類します。

     

    • 身体「直感」型

      頭痛や腹痛、体調不良など、誰かの体の様子が分かってしまうのが身体直感型です。相手が家族ならまだしも、残念ながら、相手との親密度は関係ありません。初対面でも一緒にいるだけで、どこがどう弱っているのかピンときます。マッサージやヒーラーには最適です。施術すべきところが直感で分かり、自然と手が導かれます。

    • 身体「ワンネス(一体化)」型

      身体直感型の「身体バージョン」です。分かるより先に、まず自らが不調に襲われます。空ゲップ、呼吸が浅くなる、めまいなどです。誰かのお見舞いにいくと、具合が悪くなって帰ってきます。マッサージやヒーラーには最適です。自分が癒してほしいところが、まさに相手に施術すべきところだからです。

    • 感情「直感」型

      相手がどうしてほしいのかを直感的に把握できるため、弱っている人には素晴らしい癒し手となりますただ、演技や偽善も見抜いてしまい、他人の自己陶酔や嘘には、強いフラストレーションを感じます。そのストレスで、人間嫌いになることもあります。

    • 感情「ワンネス(一体化)」型

      人の感情を、自分のものとします。満員電車やショッピングモールなど、人ごみには、さまざまな思念が飛び交っています。意味もなく憤りを感じたり、急にしょんぼりしたり、その感情はジェットコースターのようです。自分の想いなのか、人のものなのか切り分けないと、一時的に憑依されたようになります。

    • 知的変容型

      相手の思考や知性を、共に経験します。その道のプロと一緒に作業すると、教わらなくても、同じことができます。コンピューター言語や数式など、日常離れした「異なる波長」に惹かれます。なぜか感情に乏しい印象が共通しています。

     

     


    この世の誰にでも当てはまるエンパス能力として、スピリチュアル・ワンネス(霊的一体化)型があります。ひとりの例外もなく、私たちすべてに備わっています。ブッダやキリストの意識、仏性などとつながることです。もちろん、このエンパス能力には、デメリットなんてありません。

     

     

     

     

     

    あぁ〜・・・

     

    まさしくまさしく〜〜〜

     

    全部の型があてはまりますぅぅぅ

     

     

     

    やはり私が導かれるようにして『レイキ』を学んだのは

     

    このエンパスの為だったような気がします!!!もちろん

     

    それまでなりたいとも思っていなかった「エステティシャン」

     

    になったのも、その後「アロマセラピスト」にもなり・・・そして

     

    メニューに「アート」も取り入れたのも・・・全部が今つながった

     

    ように感じています!エンパスにはぴったりなものばかり☆☆☆

     

     

     

    そして、”最後のエンパス能力にデメリットなんてない”に

     

    なんとなくほっとしています♡

     

     

     

     

    まとめ

     

    HSSについて

    HSPが議論されるとき、必ずセットで出てくるのが、HSSなのか非HSSなのかということ。ややこしいが、「注意深くて繊細なのに外交的」というケースもあるということ。

     

    エンパスの未来

    エンパスは鏡を見て、これが自分?とびっくりすることがある。自分と自分以外との境界線が薄いので、自己イメージが固定されていないのだ。すべてをエネルギー体のように捉えている。

     

     

     

     

     

    やっとわかりました!!!

     

    私がややこしいと思う理由と、他人との境界線が薄いから時々微妙に

     

    なったりしてしまうって。あと、不思議なんですが時々鏡に映る自分

     

    を見て・・・これワタシ?って思うことがあるのはこういう理由から

     

    だったんですねぇぇぇ(驚)

     

     

     

     

     

    本日はいろいろと気づきや理解を得ることが出来ました!!!

     

     

     

     

    しらとはる さん(本日ご紹介した記事を書かれた方)

     

     

     

    ありがとうございます

     

     

     

     

     

    つづく

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Entries

    Comment

    Catebories

    Archives

    Links

    クリエーターズバンク

    blogram

    blogram投票ボタン

    Profile

    Search

    Ohters

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM